スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶術とは 

記憶術とは?

記憶術には意外と歴史があるんです。

------ココカラ------

記憶術と聞くと、現在では主に、
入学試験対策や資格試験対策に活用されるものを想像しがちだが、
西洋古典における記憶術は、修辞学の一部門として扱われていたものである。

古代ギリシアのシモニデスが開祖といわれる。
古代ローマの元老院などでは、
メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達した。


記憶術を意味する英語: mnemonicは、
古典ギリシア語: μνημονικός(mnemonikos 記憶)からの派生語であるが、
このギリシア語の単語そのものの語源は
ギリシア神話の記憶の女神ニーモムシュネー(ムネーモシュネー)である。


古代ギリシアの記憶術はその後、
中世ヨーロッパに受け継がれ、
主に修道士や神学者などが聖書やその他の多くの書物を記憶するために用いられた。

当時は羊皮紙以外の紙がなく、
印刷技術も存在しなかったため、
卓越した記憶力を養うことは教養人の必要条件であったことによる。

------ココマデ------

※ウィキペディア引用


と、いうように記憶術には歴史があるんです。

昔も今も、記憶力は必要とされているという事なんですね。

より簡単により多く記憶することができるやり方を探し、
試行錯誤して、現代の記憶術がある。

それを使う事ができる現代の私たちは恵まれているのかもしれません。



⇒川村明宏のジニアス記憶術詳細はコチラ





スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。